バストの悩み

注入法なので傷跡の心配のないSUB-Q注入法、ご自身の脂肪を注入するので限りなく自然な感触に仕上がる脂肪注入法、長期にわたって美しいバストラインが保てるシリコンバック挿入法

腫切開手術をせずにバストアップが短時間でできるヒアルロン酸(サブQ)注入という施術が、バランスのとれた美しいバストを望む多くの女性に希望をもたらせています。

SUB-Q注入法とは、乳腺と胸筋の境界内にヒアルロン酸(サブQ)を注射針で注入するだけの簡単な施術法です。
傷痕もダウンタイム(通常の生活に戻れるまでの期間)もマッサージなどのアフターケアも必要なく、希望通りのサイズや形が手軽に得られる豊胸術です。

注入されるヒアルロン酸(サブQ)は、もともと人の皮膚や関節液などの細胞間組織に広く存在するムコ多糖なのでアレルギー反応も起こさず、身体に安全な成分として米国FDA(米国食品医薬品局)にも認可されている注入剤です。

プチ整形などで一般的に使用されているヒアルロン酸よりも分子構造が大きく、持続効果も長いのでバストアップには最適な注入剤です。

バストの形やサイズをご希望通りに合わせる豊胸法として、人工乳腺(バッグ)の挿入法があります。
人工乳腺の素材(インプラント)も、これまでは食塩水を詰めた軟らかいバッグが主流でしたが技術の進歩した最近ではシリコンジェルバッグが多く使用されています。
豊胸用のシリコンは体に無害な有機ケイ素樹脂で作られています。
このようにシリコンは毒性がなく環境にも優しいので、医薬品から化粧品まで日常生活の中にも幅広く利用されている素材です。

シリコンは豊胸術による自己免疫疾患や癌との因果関係も否定され、現在では世界中の医師が乳癌による乳腺組織切除後の再建などで人体に安全なものとして使用しています。
シリコンの製造技術も日々進化していて、これまでの高い流動性を持つタイプから流動性が低く、触感も自然な“コヒーシブ”タイプが開発されています。

施術方法はワキの下や乳房下縁を切開し、大胸筋(乳房の奥にある筋肉)下や乳腺の下に挿入するので授乳などの障害にはなりません。

【特徴】

希望する胸の形とサイズが容易に選べます。
また、時間の経過とともに体内に吸収されることもないので長期にわたって美しいバストラインが保てます。

感触も自然で違和感なく、万が一バッグ表面が破れても中のシリコンは体内に拡散しませんから安心です。
施術による乳腺への損傷はありませんから授乳にはまったく影響ありません。

【Q&A】

Q
シリコンを入れると乳癌になると友人から聞いたのですが
本当ですか?

A
米国議会の委任を受けた医学研究所(IOM)の詳細な研究レポートによると、シリコン挿入による豊胸術が原因で乳癌になったという因果関係は否定されています。

さらに異物挿入への自己免疫システムに関しても同様のレポートが提出されています。これを受け、世界中の医師がシリコン挿入による豊胸術を施術していますので安心です。

Q
出産したあとの授乳には問題ありませんか?

A
授乳に対する安全性はとても気になるポイントですね。
シリコン自体は大胸筋の下に挿入するので乳腺を傷つけることもなく授乳自体に問題はありません。
母乳成分への影響についてもシリコンや有害物質などが混入するということはありません。安心して授乳してあげてください。

Q
シリコンを入れたのですが、
将来妊娠したら胎児に影響が出ますか?

A
シリコンが胎盤を通して胎児に悪影響を与えるという因果関係はありませんのでご心配する必要はありません。

Q
挿入したシリコンが強く揉まれたときなどに
破れたりはしないのでしょうか?

A
シリコンバッグは大胸筋の下に挿入するので、よほど無理な力が加わらない限り破損することはありません。
もしバッグが破損したとしてもコヒーシブシリコンは凝集率が高いため漏れ出す心配はありません。

【サブQ注入法の特徴】

1.
注入後、バストの大きさを実感できます。

2.
注入後の追加注入が容易にできます。

3.
授乳などでしぼんだところに部分注入もできます。

4.
術後すぐに市販のブラジャーが使用できます。

5.
圧迫や固定、面倒なマッサージなどは必要ありません。

6.
注入にかかる時間は約20〜30分と手軽です。

7.
妊娠や出産にも影響はありません。

8.
術後のアフターケアは必要ありません。

9.
注入後の異物感がなく自然な感触です。

【こんな方にサブQ注入法をお勧めします】

1.
仕事や家事が忙しくて時間の余裕がない方。

2.
「手術」をしてまで、と思っている方。

3.
手術で豊胸用バッグを入れることに抵抗感のある方。

4.
普段と変わりない生活をしながらバストアップしたい方。

5.
傷痕を残さないでバストアップしたい方。

【Q&A】

Q
サブQ豊胸の効果は永久ですか?

A
一つ一つの分子が大きいので持続は長く2〜3年と言われています。
1回目注入後は少し吸収されますので2〜3ヶ月で追加注入をお勧めします。
2〜3回追加注入することで持続効果も良くなります。

Q
サブQ豊胸はどの位の量まで注入できますか?

A
1カップサイズUPをご希望の方には最適の方法です。
1回に片側20〜30cc注入を目安にしていただいて50ccを入れればかなりふっくらとしてボリュームがでます。それ以上を望まれるかたはシリコンバッグ挿入をお勧めします。

Q
サブQ豊胸すると胸が硬い感じになりますか?

A
サブQは分子量の大きなヒアルロン酸です。吸収されにくく長期間持続効果がありますが、自然のままよりはやや感触が硬くなる傾向はあります。しかしあくまで自然な感触の範囲ですのでご安心下さい。

Q
サブQ豊胸施術後にマッサージなどをしたほうがよいのですか?

A
マッサージなどアフターケアは必要ありません。
注入した穴がふさがるまで数日は逆に触りすぎないようにしてください。

Q
サブQ豊胸の追加注入はいつ頃行なえばよいですか?

A
感染などのリスクを考慮して1ヶ月あけてから受けられるのが安心だと思います。

ウェストや太ももなどの脂肪を採取し、その脂肪を自分のバストへ注入します。注入する脂肪はもともとご自分の脂肪ですから感触も自然で、美しいバストの形がデザインできます。

施術時間も短時間で終わり、日帰りできるので、忙しい方や地方の方などにとって最適な方法です。注入する脂肪は片側のバストだけでおよそ200〜300ccほど。注入された脂肪の正着率を良くするためにやや大目に脂肪を注入して、2〜3カップものバストアップが可能です。

脂肪吸引の傷痕はミリ単位なのでほとんど気がつきませんし、バストへの注入は専用の注射器を使用しますから自然に消え分からなくなります。さらに局所麻酔による施術なので麻酔による副作用がありません。
 
当クリニックでは外科手術に精通した経験豊富なドクターが担当いたしますので、カウンセリングから施術まで安心してまかせられます。

【脂肪注入の特徴】

1.
自分の脂肪を注入するのでアレルギーなどの拒絶反応が起きません。

2.
施術時間が短時間なので日帰りでき、アフターケアも気にならないほど。

3.
自然な感触で2〜3カップのバストアップが可能です。

4.
脂肪吸引とバストアップの相乗効果で理想のボディラインが手軽に実現します。

5.
専用の局所麻酔による施術は麻酔による副作用がありません。

【Q&A】

Q
出産して授乳を続けているうちにバストが
しぼんでしまいました。元に戻りますか?

A
授乳によるしぼんだバストの回復を希望される方は多いのですが、この“脂肪注入バストアップ法”はまさにそのような方々のための施術です。授乳前の美しいバストに回復いたします。

Q
バストへ脂肪などを注入してしばらくすると
しこりのように固くなると聞いたのですが?

A
大量の脂肪を局所的に注入するとしこりになるケースもありますが、当クリニックでは高度な技術で脂肪を注入していきますので自然な感触を保ちます。

Q
他のクリニックでは注入による豊胸はせいぜい
2カップアップが限界だと聞きましたが
それ以上にもできるのですか?

A
注入量の施術的な技術の問題です。当クリニックでは外科手術に精通した専門医が施術します。注入時最大4カップまで入れられ、最終的には3カップアップまで可能。

Q
私は地方に住んでいますので何日も滞在できません。
どのくらいの日数をみればよいでしょうか。
施術後の通院も必要ですか?

A
事前に予約されていただければ、カウンセリングから施術まで当日で終わり、日帰りが可能です。施術後のアフターケアのために来院していただく必要も特にはありません。地方の方や忙しい方にとっては最適な方法です。

Q
施術のときは痛いですか、それと傷痕は残るでしょうか?

A
施術のときは安全な局所麻酔をしますので痛みは感じません。傷痕も注射針による脂肪注入なので残りません。

Q
1年ほど前に豊胸のため他院でバッグを入れたのですが、
パックを取り出して新たに脂肪注入の施術はできますか?

A
当クリニックでは挿入されているバッグを安全に摘出し、脂肪注入によるバストアップの施術を同時に行うことができます。