目をチャーミングにしたい

切開手術をしない二重まぶたの施術として患者様のご希望が多い方法です。

まぶたを切らず皮下にある筋肉と皮膚を特殊な糸でつないで二重まぶたを形成します。短い施術時間でダウンタイム(通常の日常生活に戻れる期間)も少なく、傷痕がわからないほど自然な仕上がりとなります。
翌日からのメイクもできますし術後の修正も可能なのでその手軽さから多くの患者様が選択しています。
 
事前カウンセリングの中で専門医が納得のいくまで説明し的確なアドバイスもいたしますので安心してお気軽にご相談ください。

まぶたの皮膚が厚い方や埋没法が外れてしまった方などに適用される施術です。

目頭から目尻まで切開し脂肪や眼輪筋を切除してクッキリとした二重まぶたを形成します。

結膜(目玉に接する面)に糸が出ないので術後翌日からコンタクトレンズも使用でき術後の修正も可能です。専門医による事前のカウンセリングでまぶたの状態と施術の方法、アフターケアなどを充分にご説明いたしますので安心です。

目の内側の皮膚が多くなっている部分(蒙古ひだ)を切開して二重まぶたを形成する手術をします。目頭のヘリに沿って部分的に小さく切開するためキレイな二重まぶたが小さな傷痕だけで形成されますが、この方法にはバリエーションも多く、専門医による事前のカウンセリングの中で患者様と充分に確認しながら最適な方法を選択していただきます。