レーザー治療

ガスレーザーは出血を最小限に抑えることが出来るレーザーメスとして多くの医療機関で使われています。

照射部位だけを蒸散させることができるので電気分解などと比べると著しい炎症が少なく、傷が目立つことがありません。

簡単で安全なレーザー治療器です。

【効果】

1.ホクロやイボ、脂漏性角化症、くも状血管腫、汗管腫等に有効です。

2.治療部分に局所麻酔で照射をするので痛みも無く時間もかかりません。

3.治療後は茶色のテープを小さく貼って上皮化するまで保護しておけばくぼみも無く綺麗に治ります。

ALEXは日本人などアジア人の皮膚に適したレーザーとして最も普及している美容&脱毛レーザー機器です。

このレーザーは皮フへのダメージも少なく、色素沈着なども起こさないのでシミをとるだけでなく、ワキやビキニラインなどデリケートな部分の脱毛治療も可能となりました。

ALEXではフォトRFで照射できないまぶたや鼻先、口唇のしみに、またフォトRFで表面をたたいて薄くなってきたシミやそばかすの治療に使えます。

さらに「部分的なシミが気になるのでそこだけ取りたい」方に最適です。

『アレキサンドライトレーザー(波長755nm)』は1997年に日本へ導入されて以来、現在でもレーザー脱毛に多く使われているレーザーです。

シミとりでは、パルス幅5mmセカンドと照射スポットサイズを小さくして照射します。

周囲の組織を傷つけることなくメラニン色素をもつ細胞、刺青などの色素に反応するという治療用レーザーによる治療法です。

痛みや傷痕もなく短時間での施術で済みますから安全で手軽なシミ・アザ・アートメイク・刺青などを除去する治療です。

数回の治療が必要です。


<顔の毛穴をレーザーで治療する>
毛穴が黒く目立つようになってきてどうにかしたいという人は、レーザー治療という手段があります。

毛穴のレーザー治療とはレーザー光の照射によって顔の毛穴の開きや黒ずみを解消するものです。

レーザー治療をすると顔の毛穴の開きや黒ずみを解消できるだけではなく小じわや肌荒れにも効果があります。

レーザー治療の中で最もポピュラーなのはMAX毛穴レーザー治療です。

これは顔の毛穴の洗浄後に粒子の細かい炭粉末を塗りこみレーザー光を数回照射する方法です。

レーザーの光は黒に反応して熱を発生させるため、その性質を利用して顔の皮膚全体に刺激を与え、毛穴を縮めるというものです。

この方法は毛穴の引き締め効果だけでなく、何度か定期的に施すことによって若い頃の瑞々しい肌に戻る効果もあります。

毛穴のレーザー治療の手順はまず洗顔をしてメイクをしっかり落とします。

炭粉末のローションを顔に塗ります。特に顔の毛穴の黒ずみが目立つ部分によく塗りこみます。

レーザー治療を行う前には、事前照射という肌を温めるための光を全体的に照射します。

レーザー治療そのものは3回に分けて行い、その後に約5分のクーリング時間をおきます。

これで肌の状態が落ち着き、毛穴が締まって黒ずみがわからなくなります。

紫外線対策が必要ならば紫外線対策を行います。

しばらく肌を休ませてからなら、帰宅時に部分的なメイクをしてもOKです。

お手軽で危険のないレーザー治療のテクニックは様々な角度から研究されており、一昔前より受けやすくなりました。

自宅でのケアだけではなかなか毛穴の黒ずみが改善しないという人は、顔の毛穴をレーザーで治療する方法を試してみると良いかもしれません。


ドクター松井クリニック

脱毛シーズン到来!中央クリニックの永久脱毛