脂肪注入・リピパージュ

自分の脂肪を採取し、ボリュームを出したい部位に注入!

脂肪注入を行う際に、リピパージュを用いて安全に注入を行います。

リピパージュとは、脂肪吸引によって採取したご自身の脂肪を外気に触れさせることなく、ボリュームを出したい部位に注入する最新の治療法です。

リピパージュによる脂肪採取・注入は、通常の方法に比べて、30%以上も脂肪細胞の活性が高いことが検証されています。

PRP療法を併用することによって生着率がさらに高まります。

【Q&A】

Q.リピパージュを受けるときに痛みはありますか?

A.脂肪吸引の際には、麻酔液を注入しながら吸引できますので、手術時間も短く、ほとんど痛みは感じません。
また、注入の際にも麻酔を使用して痛みを和らげることができます。

Q.傷痕は残るでしょうか?
どれくらいの大きさでしょうか…?

A.脂肪吸引をするときに2〜3mmほど目立たない部分です。
傷跡はほとんど消えていきますのでご安心下さい。
また、注入時も少し太めの注射針の針跡程度ですので傷跡は残りません。

Q.入浴や洗顔はいつからできますか?

A.手術当日は入浴、洗顔は避けてください。翌日から洗顔OKですが、あまりこすらないよう気をつけてください。
脂肪吸引をした部分の傷がありますので、シャワーは2日目から、入浴は4日目から可能です。

Q.術後、マッサージは必要でしょうか…?

A.マッサージは必要ありません。
洗顔の際にこすったり触りすぎないように気をつけてください。
エステのフェイシャルや強いマッサージは1ヶ月ほど控えてください。

Q.感覚に違和感はありますか?

A.注入後の赤みや腫れ感は数日気になる場合がありますが、皮膚表面や注入部分の感覚に違和感はありません。

Q.1回の注入で、どれくらいの持続期間があるのでしょうか?

A.ご自身の組織を移植しますので定着したものは細胞が生きている間、ずーっと持続します。
注入したものが100%定着することはありませんが、少し多く注入することで効果の持続期間が長くなります。
PRP療法と組み合わせることで更に効果がよく持続します。